出産後に骨盤矯正に行った方が良い理由3選

産後骨盤矯正への取り組み

出産が終わったのに痩せない!と、困っているママさんもきっと多いでしょう。
出産が終わったらストンと元の体型に戻れればいいですが、なかなか戻れない女性がいるのも事実。

 

また、痩せない以外にも多様なトラブルが出やすいのも産後の特徴です。
例えば尿漏れや腰痛、冷えなど…。

 

そんな産後のママたちには骨盤矯正がおすすめと言われています。

 

それでは、どうして出産後に骨盤矯正が必要なのでしょうか?
ここでは3つにまとめてご説明していきます。

 

●骨盤矯正が子宮脱・膀胱脱予防になる!

 

骨盤矯正を受けると、子宮脱・膀胱脱を予防することにもつながります。

 

出産すると骨盤の底の部分である「産道」が広がりますが、この時、骨盤の底にある「骨盤底筋」」も一緒に広がって緩んでしまいます。

 

骨盤底筋は、内臓が下に落ちてしまうのを支えてくれる筋肉です。

 

しかし出産によって骨盤底筋が弱くなってしまうと、骨盤の一番下にある膀胱や子宮まで下がりやすくなり、ひどい場合は手術が必要です…。

 

産後に骨盤矯正を受けておけば、骨盤が引き締まって骨盤底の筋力を鍛えることができます。

 

●女性ホルモンを活発にできる

 

骨盤矯正を受けると骨盤を引き締めて、女性ホルモンの分泌が増えてきます。
2人目の妊娠を考えている女性にも有効ですよ。

 

●体型が元に戻りやすくなる!

 

骨盤矯正によって、妊娠前の体型に戻しややすくできます。

 

妊娠前はスリムだったのに、出産を機に太った体型が元に戻らなくなるのは、女性としてショックですよね…。

 

骨盤が広がった状態が続くと骨盤内部の血行も悪くなり、下半身の血流も悪くなってしまいます…。

 

脚がむくみやすくなり、ますます太く見え、痩せにくくなってしまうのです…。
この悪循環を防ぐためにも、骨盤矯正がおすすめです。